不動産投資ブログ|不動産投資や新築アパート投資なら愛知県名古屋市のフィリックスへ
  • HOME
  • ブログ一覧(全ての記事)
COLUMN

不動産投資ブログ

瑕疵物件の見抜きかた!物件情報のココをチェック!

瑕疵物件の見抜きかた!物件情報のココをチェック!

みなさまこんにちは! 愛知県の土地活用・アパート経営はおまかせ!フィリックス広報チームです。   先日、「瑕疵物件の種類」についてのコラムを見たお客様から「告知されない瑕疵物件について、見抜きかたはあるのでしょうか?」というお問い合わせをいただきました。   常識的な売主様であれば、把握している瑕疵についてはもれなく告知してくれますが、まれに瑕疵を秘匿したまま物件を売却する売主様もいらっしゃいます。 そんな「隠された瑕疵物件」を見抜くために、以下のことを知っておくと良いでしょう。   周辺の物件相場よりも価格が安い 明らかに周辺の物件よりも安値で売り出されている物件については注意が必要です。 安いからには、なんらかの理由があるはずなので、必ずその理由を確認したうえで購入を検討すると良いでしょう。     不動産広告などの文言をチェックする 「一部リフォーム済み」や「フローリング張替え済み」といった記載がある場合は、瑕疵の痕跡を隠している可能性があります。 なぜ、その一部だけをリフォームすることになったかについて理由を確認しましょう。   不動産業者や仲介業者に確認する 「これは瑕疵物件ではありませんよね?」と業者にズバリと聞くのが、じつは非常に効果的な確認方法です。 その際の返答についてもしっかりと記録しておけば、のちに瑕疵物件であることが判明した際、故意に告知しなかったことの証明にもなります。   なお、ぜったいに瑕疵物件は買いたくないときは、信頼できる不動産業者や仲介業者を介して物件を購入すれば安心です。   弊社では、中古物件の瑕疵についても、しっかりとご説明させていただいております。 ご希望の中古物件がありましたら、ぜひお問い合わせください!   以上、今回もお読みいただき、ありがとうございました。 名古屋の不動産投資、家賃収入・利回りのご相談なら、いつでもフィリックスへどうぞ!       ▼トップページはコチラ https://www.felix-japan.jp/ ▼お問い合わせはコチラ https://www.felix-japan.jp/contact/ ▼会員登録・資料ダウンロードはコチラ https://www.felix-japan.jp/member/   
2020/10/20
瑕疵物件に告知は必要?どんな種類があるの?

瑕疵物件に告知は必要?どんな種類があるの?

みなさまこんにちは! 愛知県の土地活用・アパート経営はおまかせ!フィリックス広報チームです。   最近、インターネットサイトやTV番組なので取り上げられることも増えた「事故物件」。 不動産業界では「瑕疵物件」と呼ばれ、事故物件は「心理的瑕疵物件」に該当します。 なお瑕疵物件は、以下のように大きく4つに分けられます。   物理的瑕疵物件 土壌汚染や地盤沈下、雨漏りやシロアリ被害など、土地や建物に欠陥がある瑕疵物件です。     法的瑕疵物件 建ぺい率や容積率違反をしている、再建築不可物件である、防災設備が古く基準を満たしていないなど、法規制面で問題がある物件になります。       環境的瑕疵物件 物件そのものに問題はありませんが、工場やごみ処理場など騒音や公害の要因となる施設が物件周辺にある場合の瑕疵物件です。   心理的瑕疵物件 いわゆる事故物件と呼ばれ、過去に物件を含む周辺などで起きた、居住するにあたって心理的に嫌悪感を抱く(事件や事故、自殺など)要因があった物件を指します。     上記のような瑕疵がある場合、売却をする際には必ず「物件状況等報告書」に記載し、買主様に告知をおこないます。 万が一、売買契約を結んだあとで瑕疵が発覚した場合、買主様から債務不履行や損害賠償を請求される可能性が高くなるでしょう。   瑕疵があるからといって、必ずしも売れないとはかぎりません。 むしろ重大な瑕疵を隠して売却し、瑕疵が露呈ことで大損になる場合が考えられます。 正直に瑕疵を公表し、適切な価格であれば買い手がつくことも十分期待できるのです。   以上、今回もお読みいただき、ありがとうございました。 名古屋の不動産投資、家賃収入・利回りのご相談なら、いつでもフィリックスへどうぞ!         ▼トップページはコチラ https://www.felix-japan.jp/ ▼お問い合わせはコチラ https://www.felix-japan.jp/contact/ ▼会員登録・資料ダウンロードはコチラ https://www.felix-japan.jp/member/ 
2020/10/20
情報を鵜呑みにせず、まずは確認を!

情報を鵜呑みにせず、まずは確認を!

みなさまこんにちは! 愛知県の土地活用・アパート経営はおまかせ!フィリックス広報チームです。   最近、さまざまな土地情報をいただいていますが、なかには取得した情報に誤りがある場合もあります。 具体的には、図面の面積があやふやだったり、最寄駅から徒歩8分と記載されていても実際は11分など、正しい情報を聞いていれば検討外となる物件情報などです。   電話で情報をいただいた段階で検討できる内容であっても、現地確認をしてみると弊社の条件を満たしていない場合、それは大きな時間的損失につながります。 そういったタイムロスを防ぐためにも、果たしてそれが本当かどうかを精査していかなければいけないと思いました。   情報をくださる仲介業者様のほうでも、こういった情報の正否を確認することはむずかしいはずなので、やはり取得した情報は鵜呑みにせず、まず確認することを徹底していきたいと思います。   本日は西尾市エリアの土地情報をいただきました。 最寄駅から徒歩7分、大きさが62坪の土地なので1LDK9戸1棟で検討しています。 家賃市況は、1LDKで6万円前半、1Kであれば5万円前半が狙えるエリアなため、利回り8.5%以上取れるように土地の金額交渉もしていこうと考えております。   また当該地近郊には、大手自動車部品メーカーの工場があり、賃貸市況も良いこともあるので引き続き追っていきたいです。   以上、今回もお読みいただき、ありがとうございました。 名古屋の不動産投資、家賃収入・利回りのご相談なら、いつでもフィリックスへどうぞ!     ▼トップページはコチラ https://www.felix-japan.jp/ ▼お問い合わせはコチラ https://www.felix-japan.jp/contact/ ▼会員登録・資料ダウンロードはコチラ https://www.felix-japan.jp/member/ 
2020/10/20
共有部に放置されたゴミを撤去しました

共有部に放置されたゴミを撤去しました

みなさまこんにちは! 愛知県の土地活用・アパート経営はおまかせ!フィリックス広報チームです。   本日は、弊社が管理するアパート物件で起きた、共有部へのゴミ不法投棄があった件でゴミ撤去の手続き対応をおこないました。   こちらは、数日前に不法投棄が発覚した時点で、入居様に撤去のお願いを含めた注意喚起のお知らせを掲示しましたが、その後もゴミは放置されたままとなっていました。 このままでは、ほかの入居者様の迷惑になってしまうことから、今回は産廃業者に依頼し、処分してもらうことになった次第です。   もしまた、同じことが起きるようであれば、不法投棄をしている入居者様の特定や、防犯カメラを設置するなどの対応が必要かと思いました。   その場合はオーナー様にご相談しなくてはならないため、その旨を「物件巡回資料」に記載しておきました。   午後からは、協力企業様である工務店様にお渡しする資料として組織図を作成しました。 弊社が分離発注する施工業者様と工務店様、その2次請に入っていただく施工業者様を漏れなく記載しました。   今後も、さまざまな業者様が追加される可能性が高いため、追加しやすい形式で作成しましたが、ミーティング時の意見を参考にしより良い組織図を目指してまいります。 弊社の組織図にお名前を連ねていただける会社様がいらっしゃいましたら、ぜひご一報ください!   以上、今回もお読みいただき、ありがとうございました。 名古屋の不動産投資、家賃収入・利回りのご相談なら、いつでもフィリックスへどうぞ!     ▼トップページはコチラ https://www.felix-japan.jp/ ▼お問い合わせはコチラ https://www.felix-japan.jp/contact/ ▼会員登録・資料ダウンロードはコチラ https://www.felix-japan.jp/member/ 
2020/10/19
名古屋周辺の内装リフォーム料金の相場は?業者を選ぶ際のポイントは?

名古屋周辺の内装リフォーム料金の相場は?業者を選ぶ際のポイントは?

みなさまこんにちは! 愛知県の土地活用・アパート経営はおまかせ!フィリックス広報チームです。   先日、室内クリーニング料金の相場や付加価値についてご紹介したところ、お客様から「内装リフォーム費用の相場も知りたい」というお問い合わせをいただきました。   そこで今回は室内クリーニング同様、名古屋市近郊エリアを対象に以下の内装リフォーム料金の相場を調べてみました。   クッションフロア張替え(10平米):40,000円〜80,000円 フローリングの張替え(10平米):90,000円〜150,000円 カーペット張替え(10平米):80,000円〜130,000円 クロス・壁紙張替え(6畳):40,000円〜50,000円   内装リフォームの場合、張替える材料のグレードによって料金が変動するため、上記の料金はあくまで参考価格としてとらえてください。   やはり業者によって料金に差がありますがクリーニングと同じように、料金が高い業者の場合は、駐車料金負担や損害保険料金が含まれていることが多いようです。   なお内装リフォーム業者を選ぶ際には、価格面だけでなく、各業者のHPなどで施工事例や口コミを参考にしたうえで見積りをお願いすると良いでしょう。   またクリーニングと違い、リフォームの施工は開始から完了まで数日かかる場合も考えられます。 すでに入居者様が決まっているのであれば、依頼時にかならず工期の確認をしたうえで、無理のないスケジュールを組みましょう。   以上、今回もお読みいただき、ありがとうございました。 名古屋の不動産投資、家賃収入・利回りのご相談なら、いつでもフィリックスへどうぞ!         ▼トップページはコチラ https://www.felix-japan.jp/ ▼お問い合わせはコチラ https://www.felix-japan.jp/contact/ ▼会員登録・資料ダウンロードはコチラ https://www.felix-japan.jp/member/ 
2020/10/19
新築アパートブランド名が「warren-ウォーレン」に決定!

新築アパートブランド名が「warren-ウォーレン」に決定!

みなさまこんにちは! 愛知県の土地活用・アパート経営はおまかせ!フィリックス広報チームです。   かねてよりプロジェクトが進んでいた弊社の新築アパートプロジェクトですが、アパートブランド名が「warren-ウォーレン」に決定したことをお知らせいたします! 名前の由来は、アメリカの著名な投資家であるウォーレン・バフェット氏から。   ウォーレン・バフェット氏は、世界最大の投資持株会社であるバークシャー・ハサウェイの会長兼CEOであり、同社の筆頭株主でもあります。 投資の世界での成功者のウォーレン・バフェット氏にあやかっての命名となりました   次回のミーティングでは、ロゴの書体候補を選定する予定ですので、いまから楽しみです。 決定しましたら、こちらのコラムでもご紹介したいと思いますのでよろしくお願いいたします!     また新築アパートのプレカット+建てかたを協力義業様に材工依頼することに決定。 差額の利益は予算減額せず、協力企業様たちの利益に充てていくことになりました。    仕入れミーティングでは、現在、三河エリアの水道業者様の2次工事費用が少々高額なため、名古屋エリアと同額でお願いできないか交渉をしていく流れが決まりました。 もし出来ないようであれば、差額は実行予算に計上することになってしまうため、できるだけ上手に交渉をする必要がありそうです。   上記でお伝えしたように、弊社が自信をもってお届けする新築アパートの新ブランド「warren-ウォーレン」。 今後も続報をお届けしてまいりますので、ご興味のあるかたは、ぜひお問い合わせください!   以上、今回もお読みいただき、ありがとうございました。 名古屋の不動産投資、家賃収入・利回りのご相談なら、いつでもフィリックスへどうぞ!     ▼トップページはコチラ https://www.felix-japan.jp/ ▼お問い合わせはコチラ https://www.felix-japan.jp/contact/ ▼会員登録・資料ダウンロードはコチラ https://www.felix-japan.jp/member/ 
2020/10/19
ごみの不法投棄には防犯カメラ設置がおすすめ!メリットとデメリットは?

ごみの不法投棄には防犯カメラ設置がおすすめ!メリットとデメリットは?

みなさまこんにちは! 愛知県の土地活用・アパート経営はおまかせ!フィリックス広報チームです。   先日のコラムでもお伝えしたように、弊社が管理する複数の賃貸管理物件で、共有部へのごみ不法投棄やごみの分別方法などで入居者様からのクレームが相次ぎました。   指定のごみ袋を使用しなかったり、分別せずにごみが捨てられたりした場合、当然ですが、そのごみは収集されずそのまま残ってしまいます。 これらのごみについては、その都度弊社で対応しながら、分別や指定ごみ袋使用のお願いを掲示するなど防止を呼び掛けています。   しかし、ごみ問題のクレームで一番困るのが、粗大ごみの不法投棄です。 粗大ごみは、処分するために料金が発生しますし、処分後もまた不法投棄される恐れもあります。   こういった、ごみ不法投棄を未然に防ぐために有効な方法のひとつが防犯カメラの設置です。 ごみ問題については、いずれの賃貸物件でも発生する案件ですが、やはり防犯カメラを設置している物件では、まず起こることがありません。   万が一ごみ問題が起こってもカメラ映像があるため、不法投棄した入居者様に連絡し対応をお願いできるので問題になりにくいです。   ごみの不法投棄に防犯カメラは、非常に有効な設備ですが、費用がかかるのがデメリットになるため、最終手段として考えると良いでしょう。 弊社でも粗大ごみの不法投棄の連絡を受けた場合、まずは撤去のお願いや不法投棄禁止の掲示して様子をみます。   それでも頻繁に不法投棄がされる場合は、オーナー様に防犯カメラの設置をオススメしている次第です。 もし同じように、ごみ出し問題や不法投棄でお悩みのオーナー様は、カメラ導入の検討をおすすめします。   以上、今回もお読みいただき、ありがとうございました。 名古屋の不動産投資、家賃収入・利回りのご相談なら、いつでもフィリックスへどうぞ!       ▼トップページはコチラ https://www.felix-japan.jp/ ▼お問い合わせはコチラ https://www.felix-japan.jp/contact/ ▼会員登録・資料ダウンロードはコチラ https://www.felix-japan.jp/member/ 
2020/10/18
ゴミ出しマナーの悪化がうかがえます

ゴミ出しマナーの悪化がうかがえます

みなさまこんにちは! 愛知県の土地活用・アパート経営はおまかせ!フィリックス広報チームです。   本日は、弊社が管理中の賃貸物件2軒で、ごみ出しに関するクレーム処理をしました。 まず1軒目の物件では、資源ごみのごみ出しマナーが悪いとのご指摘により、ごみ収集前に現地へと確認にうかがいました。   早朝7時時半前、現地に到着しましたが、すでに分別されていない資源ごみがゴミBOXに入れられている状況でした。 本来、資源ごみは、入居者様が指定場所へ持って行くルールですが、今回はこちらで中身を分別し、指定場所へ持って行く対応をいたしました。     2軒目の物件は、粗大ごみが共用部に不法投棄されているとのご連絡を受け、撤去願いのチラシを張りにうかがいました。   すると粗大ごみ以外にも段ボールが大量に置かれていたため、段ボールに関しては、専用ステーションに持ち込みし対応しました。   なお本物件は、先日も燃えるごみのごみ出しマナーも悪いとのご指摘があったため、ごみBOXを確認したところ、指定ごみ袋に入っていないごみが散乱していました。 前回の訪問時にごみBOXを清掃したばかりであったため、今後続くようであればオーナー様にご報告したうえで対応策を検討しなければいけないかと思います。   ここ最近、あちこちの管理物件でごみ出しマナーに関するクレームが相次いでいますが、コロナ禍の影響で外出が減っているため、家庭ごみが増えていることも原因のひとつかもしれません。   ゴミ出しマナーの改善は、早い段階のうちに繰り返し注意喚起をすることで解消されやすくなるため、まずは入居者様全員にゴミ出しマナーをお願いするチラシの配布やエントランスへの掲示をしてまいります。   以上、今回もお読みいただき、ありがとうございました。 名古屋の不動産投資、家賃収入・利回りのご相談なら、いつでもフィリックスへどうぞ!     ▼トップページはコチラ https://www.felix-japan.jp/ ▼お問い合わせはコチラ https://www.felix-japan.jp/contact/ ▼会員登録・資料ダウンロードはコチラ https://www.felix-japan.jp/member/ 
2020/10/18