不動産投資ブログ|不動産投資や新築アパート投資なら愛知県名古屋市のフィリックスへ
  • HOME
  • ブログ一覧(2021年2月)
COLUMN

不動産投資ブログ

収益物件用地として検討中!名古屋市内外で多数あります! ~アパート経営・不動産投資に役立つノウハウ~

収益物件用地として検討中!名古屋市内外で多数あります! ~アパート経営・不動産投資に役立つノウハウ~

みなさまこんにちは! 愛知県の土地活用・アパート経営はおまかせ!フィリックス広報チームです。   本日は、社内土地仕入れミーティングにて、仕入れ検討中の土地と契約済みの土地について確認をおこないました。   現在、買付を提出済み、買付予定、買付検討中の土地を含めて、中川区エリアや港区エリア、守山区エリア、春日井市エリアなど合計34棟分の収益物件候補地があります。   課題、懸念を解消して、何とかすべての物件の契約が決められるように今後も動いてまいります   また、契約済み土地については、直近で契約した中川区エリアと南区エリアの地盤調査依頼について、こちらは契約予定の港区エリアの土地も同時に依頼をかけていく予定です。   現況をしっかり確認し、不備が起きないよう段取りを組んでまいります。     午後からは、緑区エリアにて建築予定の新築アパート物件について、擁壁工事の確認をしました。   擁壁と改良杭を一体として計算する場合、地耐力の保証をどこが持つのか明確にする必要がありますので、擁壁工事業者様側でどこまで責任が持っていただけるか早急に確認します。   また、一部の土地契約が遅延したために、構造設計に関して、当初お願いしていた納期よりも延びてしまう会社様が出てきています。   そのため、1か月に複数棟対応がむずかしい構造設計事務所様もあるため、さらに数社の構設計事務所様との契約が必要になりそうです。   引き続きフィリックスでは、弊社の新築アパート建築にご協力いただける企業様を募集しています。 ご興味があればぜひ一度、お問い合わせください!   以上、今回もお読みいただき、ありがとうございました。 名古屋の不動産投資、家賃収入・利回りのご相談なら、いつでもフィリックスへどうぞ!     ▼トップページはコチラ https://www.felix-japan.jp/ ▼お問い合わせはコチラ https://www.felix-japan.jp/contact/ ▼会員登録・資料ダウンロードはコチラ https://www.felix-japan.jp/member/ 
2021/02/28
収益物件には不向き?第一種・第二種低層住居専用地域とは? ~アパート経営・不動産投資に役立つノウハウ~

収益物件には不向き?第一種・第二種低層住居専用地域とは? ~アパート経営・不動産投資に役立つノウハウ~

みなさまこんにちは! 愛知県の土地活用・アパート経営はおまかせ!フィリックス広報チームです。   弊社では毎日、収益物件である新築アパート用地を仕入れるために仲介業者様にテレマをおこなっています。   フィリックスの高利回り物件である新築アパートは3階建て木造アパートが標準で、それに見合った土地物件を探していますが、いただいた土地情報のなかには弊社のアパートを建てることのできない土地もあります。   そんな土地のひとつが「第一種低層住居専用地域」と「第二種低層住居専用地域」です。   このふたつは用途地域のなかでも最も規制が厳しいエリアで、第一種低層住居専用地域は住居のみが、第二種低層住居専用地域は小規模な店舗などは認められますが、それ以外の用途となる建物は一部を除き建てることができません。   また「低層住居専用地域」という名称のとおり、高さ制限(10~12mまで)や建ぺい率30~60%・容積率50~200%、日影制限などさまざまな制限があります。   高い建物がないので日照問題が起きにくく、建ぺい率が制限されているので、建物間にゆとりがあります。     また店舗についても150㎡以下かつ2階以下という制限があるため、大規模な商業施設もない閑静な住宅街の実現が可能なエリアです。   残念ながら建ぺい率の関係などで、フィリックスの新築アパート物件は低層住居専用地域に建築することはできません。   いままでにも土地情報をいただいて、「良い土地だ!」と思ってよくよく聞いてみると低層住居専用地域でがっかりしたことは幾度となくあります。   弊社のアパートは建てられませんが、もしマイホーム用の土地をお探しなら、低層住居専用地域は非常におすすめです!   以上、今回もお読みいただき、ありがとうございました。 名古屋の不動産投資、家賃収入・利回りのご相談なら、いつでもフィリックスへどうぞ!     ▼トップページはコチラ https://www.felix-japan.jp/ ▼お問い合わせはコチラ https://www.felix-japan.jp/contact/ ▼会員登録・資料ダウンロードはコチラ https://www.felix-japan.jp/member/ 
2021/02/28
守山区エリアの新築アパート!オーバーフロー管の設置方法を検討 ~アパート経営・不動産投資に役立つノウハウ~

守山区エリアの新築アパート!オーバーフロー管の設置方法を検討 ~アパート経営・不動産投資に役立つノウハウ~

みなさまこんにちは!愛知県の土地活用・アパート経営はおまかせ!フィリックス広報チームです。   本日は、名古屋市守山区エリアにて建築中の新築アパート物件A棟・B棟について、オーバーフロー管(ベランダや屋上に取り付け、外壁の外側に排水するための排水管)設置の検討をおこないました。   1階バルコニーのオーバーフロー管を基礎の立ち上がり部、または土台貫通で設ける必要があります。   土台貫通の場合、管径を30mm前後としても約1/3の断面欠損になるため、2社の構造設計事務所様に見解をうかがいましたところ、どちらも土台欠損はNGとのご回答をいただきました。   ただし、貫通部分(欠損部分)の両サイドにアンカーボルトを設ければ問題ないとのことですので、フィリックス標準として、土台貫通か立ち上がり貫通かどちらかに決定し、アンカー配置指示をおこないたいと思います。   なお、立ち上がり貫通とした場合、立ち上がり主筋の下部にオーバーフロー管を設けることになり、バルコニー土間の高さを下げなければならなりませんが、その場合は1階バルコニーレベルの再検討も必要となります。   どちらにするか、メリットとデメリットを考慮したうえで決定してまいります。   また本日は、港区エリアにて検討中の土地物件について、開発許可の要不要を確認しました。   当該地は、新法区画整理済地のため造成高さにかかわらず開発許可は不要であることでした。   以上、今回もお読みいただき、ありがとうございました。名古屋の不動産投資、家賃収入・利回りのご相談なら、いつでもフィリックスへどうぞ!   ▼トップページはコチラhttps://www.felix-japan.jp/▼お問い合わせはコチラhttps://www.felix-japan.jp/contact/▼会員登録・資料ダウンロードはコチラhttps://www.felix-japan.jp/member/ 
2021/02/24
サブバイヤー直伝!テレマのコツ ~アパート経営・不動産投資に役立つノウハウ~

サブバイヤー直伝!テレマのコツ ~アパート経営・不動産投資に役立つノウハウ~

みなさまこんにちは!愛知県の土地活用・アパート経営はおまかせ!フィリックス広報チームです。   先日、弊社バイヤーチームのサブバイヤーより、新入社員に向けたテレマの講習会がおこなわれました。   そこで今回は、サブバイヤー直伝のテレマのコツを一部ご紹介します。   ・声のトーンは普通で 一般的に電話の声は通常時より高くなる傾向がありますが、高すぎる声は聞き取りにくかったり不快に感じられることもあります。 また話す速度にも気をつけ、できるだけ自然なトーンで落ち着いて話しましょう。   ・基本トークに、オリジナルの余計な言葉を入れない 一般的に使われている言葉がかならずしも正しい訳ではありません。   ×「とんでもございません」⇒〇「とんでもないことでございます」 ×「了解いたしました」⇒〇「かしこまりました」または「承知いたしました」   また、大げさすぎる表現や流行りの言葉もひかえましょう。   ・基本のスクリプトを決めておく 初心者は少なくとも、「話はじめ」「土地情報のお願い」「終話」のトークスクリプトを決めておきましょう。 弊社の場合、「土地情報のお願い」が特に重要なので、よく使われる不動産用語などはあらかじめ覚えておくと安心です。   会話を重ね、伝わりにくい部分はないかなど、都度ブラッシュアップを重ね、自分のスタイルをつくりあげてください。   ・仲介業者様の目線を心がける できるだけ「営業っぽさ」を感じさせないよう、常に仲介業者様の目線での会話を心がけましょう。   ・しつこくないアプローチを心がける 仲介業様から「情報がない」と言われたときは、「売主様と査定中のものはないですか?」など別方向のアプローチをしてみましょう。   最終的に合致する土地情報がなくても、業者様と会話をすることで関係性を築くきっかけになりますし、不動産の動きのヒアリングにもつながります。   ・紹介された土地情報を断るとき   せっかく紹介していただいても弊社の求める条件と合致しないときは、申し訳ありませんがお断りすることになります。   たとえば金額面で折り合わない場合、高額の土地が買えない一番の理由は、物件価格が1億円を超えると買主様の融資がおりにくいことがあげられます。   お断りする際には、金融庁が融資に厳しくなっていることや一部の不動産会社の不祥事などを例にあげて、1億円を超えると検討がむずかしくなることと説明することで、納得していただける可能性が高まります。   いかがでしたか? 弊社のサブバイヤーはテレマをおこなう際、「常に一生懸命、スピード感を持って動く」ことで仲介業者様より有望な土地情報をいただいて、買付をおこなっています。   そんなサブバイヤーの後に続くために、チームをあげてテレマスキルの向上に日夜努めている新人バイヤー達の活躍に期待したいと思います!   以上、今回もお読みいただき、ありがとうございました。名古屋の不動産投資、家賃収入・利回りのご相談なら、いつでもフィリックスへどうぞ!   ▼トップページはコチラhttps://www.felix-japan.jp/▼お問い合わせはコチラhttps://www.felix-japan.jp/contact/▼会員登録・資料ダウンロードはコチラhttps://www.felix-japan.jp/member/ 
2021/02/23
着工間近!小牧市エリアと江南市エリア物件の打ち合わせ ~アパート経営・不動産投資に役立つノウハウ~

着工間近!小牧市エリアと江南市エリア物件の打ち合わせ ~アパート経営・不動産投資に役立つノウハウ~

みなさまこんにちは! 愛知県の土地活用・アパート経営はおまかせ!フィリックス広報チームです。   本日は、今後着工予定のフィリックスアパートについて、ご協力会社様と打ち合わせをおこないました。   こちらのご協力会社様は水道工事が専門ですが、工事一式を請け負う子会社の立ち上げを予定されています。   詳細面でまだ詰めていく部分はありますが、近々着工予定の新築アパート物件から請け負ってくださるとのお話をいただきましたので、小牧市エリアと江南市エリアの物件について契約および工程表作成など進めることになりました。   なお、建築業許可が未取得とのことでしたので、早急に申請から動いていただけるようお願いした次第です。     本日のお話では、毎月2~3棟を継続的に受注したい、フィリックスアパートをメインに展開していきたいとのご希望をお聞きしたので、デベロッパーとしてのプレッシャーを感じるとともにご期待に応えたいという思いを強く持ちました。   買付検討物件や着工予定の物件が徐々に増えているなか、多くのご協力会社様とうまく連携していくよう、一つひとつ丁寧に対応してまいります。   引き続きフィリックスでは、弊社の新築アパート建築にご協力いただける企業様を募集しています。 ご興味があればぜひ一度、お問い合わせください!   以上、今回もお読みいただき、ありがとうございました。 名古屋の不動産投資、家賃収入・利回りのご相談なら、いつでもフィリックスへどうぞ!     ▼トップページはコチラ https://www.felix-japan.jp/ ▼お問い合わせはコチラ https://www.felix-japan.jp/contact/ ▼会員登録・資料ダウンロードはコチラ https://www.felix-japan.jp/member/ 
2021/02/22
新規!弥富市エリアの土地情報をいただきました ~アパート経営・不動産投資に役立つノウハウ~

新規!弥富市エリアの土地情報をいただきました ~アパート経営・不動産投資に役立つノウハウ~

みなさまこんにちは! 愛知県の土地活用・アパート経営はおまかせ!フィリックス広報チームです。   本日は名古屋市内の土地情報をはじめ、新規となる弥富市エリアの土地情報をいただきました。   まず1件目は、名古屋市南区エリアの物件で坪数約50坪、名鉄常滑線道徳駅から徒歩9分、周辺にはショッピングモールもあるので買い物には困りません。   2件目も南区エリアからです。 坪数約61坪、名鉄名古屋本線本星崎駅から徒歩8分で周辺はコンビやスーパーマーケットがあります。   3件目は弥富市エリアの坪数約201坪の土地、名鉄尾西線・JR関西本線弥冨駅から徒歩5分、近鉄弥富駅までも徒歩圏内で、周辺にはコンビニやスーパーマーケット、飲食店も多いです。   最後は知多市エリアから、坪数約71坪、名鉄常滑線古見駅徒歩4分の立地です。   なお、上記の以外に岩倉市エリアの土地情報をいただきましたが、最寄駅から徒歩10分以上の立地だったため残念ながら検討できませんでした。   最近は獲得できる土地情報は増えていますが、検討できる物件が思ったほど増えていないのがネックです。   それを打破するためにも、テレマで有力な土地情報をいただけるよう、仲介業者様への強い働きかけをおこない、今以上に土地情報をいただく必要があります。   そのためにも、レインズの物件情報を話題にしたり、できるだけ担当者様と直接会話ができるよう携帯番号を教えてもらったり、時間帯を変えて再架電するなど、全力でテレマに取り組みたいと思います!   以上、今回もお読みいただき、ありがとうございました。 名古屋の不動産投資、家賃収入・利回りのご相談なら、いつでもフィリックスへどうぞ!     ▼トップページはコチラ https://www.felix-japan.jp/ ▼お問い合わせはコチラ https://www.felix-japan.jp/contact/ ▼会員登録・資料ダウンロードはコチラ https://www.felix-japan.jp/member/ 
2021/02/21
建築条件等、物件資料の記載事項を再確認! ~アパート経営・不動産投資に役立つノウハウ~

建築条件等、物件資料の記載事項を再確認! ~アパート経営・不動産投資に役立つノウハウ~

みなさまこんにちは! 愛知県の土地活用・アパート経営はおまかせ!フィリックス広報チームです。   先日、都市計画等の確認をおこなったところ、現在買付検討中である港区エリアの土地物件資料の記載に誤りが見つかりました。   今回は買付検討できなくなるような大きな誤りではなかったため大事には至りませんでしたが、場合によっては大きな問題に発展することも大いに考えられます。   そのため、現在検討中のすべての買付検討中の物件について、都市計画や前面道路等の建築情報を洗いなおし確認作業をおこないました。   買付検討にのせる条件として根本的な部分をプラン作成の段階で再度確認をおこなうのは、かなり手間がかかります。   しかし、港区エリアの買付検討物件と同様の誤記が発生した場合のリスクを考慮し、今後は買付検討にあがった全物件について、プランナーで建築条件の確認をおこなうようチーム内で共有してまいります。     また今回は、建築情報を検索した際のWEBページをPDF出力し、履歴を残す方法を採用しました。   これで確認する際、間違いがあればひと目でわかり確認作業の時間削減にもつながります。   なお、都市計画等の情報についてWEBで情報開示をおこなっていない市町村もあるため、 できるだけ手早く確認できる方法についても同時に調べてまいります。    以上、今回もお読みいただき、ありがとうございました。 名古屋の不動産投資、家賃収入・利回りのご相談なら、いつでもフィリックスへどうぞ!     ▼トップページはコチラ https://www.felix-japan.jp/ ▼お問い合わせはコチラ https://www.felix-japan.jp/contact/ ▼会員登録・資料ダウンロードはコチラ https://www.felix-japan.jp/member/   
2021/02/21
検討中の豊川市エリアと買付予定の港区エリアで測量調査 ~アパート経営・不動産投資に役立つノウハウ~

検討中の豊川市エリアと買付予定の港区エリアで測量調査 ~アパート経営・不動産投資に役立つノウハウ~

みなさまこんにちは! 愛知県の土地活用・アパート経営はおまかせ!フィリックス広報チームです。   本日は豊川市エリアにて、検討中の土地物件についてレベル測量および現地調査をおこないました。   通常、物件のレベル測量は地盤調査業者様へお願いしていますが、今回は設計事務所様から測量ポイントが足りないとのご連絡をいただき、急遽、現場視察を兼ねてレベル測量をおこなった次第です。   レベル測量した結果、接道と敷地全体の高低差はほとんどなかったため、造成費用は比較的安くすむと思われます。   しかし今回はイレギュラーな測量だったため、今後は地盤調査業者様にしっかりと測量ポイントを指示したうえで依頼してまいります。     また午後からは、買付予定の港区エリアの土地物件について水道業者様から物件資料の道路幅員と現地の道路幅員が違うという報告をいただき、急遽、測量をおこないました。   現場測量した結果、北側道路8m、東側道路8mあり、物件資料記載の北側道路4.5mが間違いであることがわかりました。   基本的に物件資料は参考資料として見て、正確な数値は現地調査で必ず確認したうえで記載するよう社内で共有しました。   なお、測量できる社内スタッフが少ないこともあり、今後はよほど急ぎでない限りは突発的な測量をおこなわずに済むように、事前に業者様にしっかりと依頼したり、資料に不備がないか確認してまいります。   以上、今回もお読みいただき、ありがとうございました。 名古屋の不動産投資、家賃収入・利回りのご相談なら、いつでもフィリックスへどうぞ!     ▼トップページはコチラ https://www.felix-japan.jp/ ▼お問い合わせはコチラ https://www.felix-japan.jp/contact/ ▼会員登録・資料ダウンロードはコチラ https://www.felix-japan.jp/member/ 
2021/02/18