確定申告のすすめ|不動産投資や新築アパート投資なら愛知県名古屋市のフィリックスへ
2020/07/30

確定申告のすすめ

 みなさまこんにちは!

愛知県の土地活用・アパート経営はおまかせ!フィリックス広報チームです。

 

さまざまなところでコロナウイルスの影響がみられるなか、国税庁より「平成31年度/令和元年度(2019年)分の確定申告期限を切らずに、4月17日(金)以降であっても柔軟に確定申告書を受け付ける」との案内が出されました。

 

個人で事業をおこなっているのであれば避けては通れない確定申告ですが、期限を過ぎてもペナルティがないということで、まだ昨年度の確定申告をしていないかたもいらっしゃるのではないでしょうか。

 

本来なら確定申告は、「個人の所得」がある場合、必ずその申し出をおこない、所得税の支払いをおこなわなければなりません。

 

専業でアパート経営をおこなっているオーナー様ならすでに心得ていると思われますが、気をつけたいのは副業でアパート経営をおこなっているオーナー様です。

 


本業がサラリーマンなどの場合は会社の年末調整で所得と税金の処理がおこなわれますが、給与以外の所得については確定申告が必要になります。

 

ただし、年間の個人所得(収入-経費)が20万円以下の場合は確定申告をする必要はありません。

 

しかし、年間所得が20万円以上あるにも関わらず故意に確定申告をせずにいた場合、そのことが税務署の調査で発覚してしまうと脱税とみなされてしまいます。

 

さらに、さかのぼった分の家賃収入にも納税義務が発生し、「重加算税」を課せられてしまうのです。

 

なお税務署から指摘される前に、自ら修正申告をすれば延滞金のみですみます。

前述したように昨年度の確定申告については、申告期限がありませんから延滞金も不要です。

 

まだ申告していないかたは、ぜひ早めの確定申告手続きをおすすめします!

 

以上、今回もお読みいただき、ありがとうございました。

名古屋の不動産投資、家賃収入・利回りのご相談なら、いつでもフィリックスへどうぞ!

 

 

 

▼トップページはコチラ
https://www.felix-japan.jp/
▼お問い合わせはコチラ
https://www.felix-japan.jp/contact/
▼会員登録・資料ダウンロードはコチラ
https://www.felix-japan.jp/member/

 

一覧に戻る